マーガレットの秋。

2014/09/10 07:30

まだまだ大丈夫ですか?

今ひとつ

2014/09/09 19:28

スーパーぶりが伝わらない。
今日はちょっと雲が出てる。

やっぱり、団子ですよ。

2014/09/08 20:55

月を見ながら、ベランダで団子。

団子の日ですか。

2014/09/08 20:50

病院の待合室で小耳に挟みました。
すぐスーパーに行って、若干高めの地元の和菓子やさんのみたらしを買いました。

澄み切った空に月がぽっかり。

期待外れ

2014/09/06 11:21

トマト好きだけど、リピはない。ビミョーかつ甘過ぎ。

あなたの足元なんかで寝たくないわ

2014/09/01 22:43

ニャンコ先輩、そこをなんとか。

まとめサイトを作ろうとしている。

まとめておきたいことが2つあって、
読書関連のまとめサイトを作ろうとしているが、
一般の人のブログ等の感想を引用するのはどうなんだろうかとか、
勝手に引用されたら嫌だろうなあ、
ちゃんと了解をとらないといけないなあと悩んでいると、
amazonのあらすじしか引用できず、
詰まらない感じになってしまった。

とりあえず、
公式に利用できるamazonとイメージ写真と、
自分がコメント頑張るしかないかと、
そんな風で、まとめは止まっている。

今日、偶然、誰かのまとめに
自分たちのホームページが取り上げられているのを見て、
ああ、こういう気持ちかと、よくわかった。

知らないところで自サイトが引用されているのは、
何だか複雑な感じです。

取り上げてもらう分にはまあ、別に構わないけど、
それは古くなった記事で、リンクは別の方に張って欲しいなあと
ちょっと残念。

そして、まとめサイトは、
本人のコメントがないと、
集めただけで、何か「濡れ手に粟」な感じもする。

そんなこんなで、まとめサイトは難しいことを実感している。

唐突に思い出す。

「ああ、これは子どもの頃住んでいた町の
アネモネが咲いていた中学校の花壇を初めて見たときの気持ち。」

と、非常に説明的で長いけど、そういう回路が一瞬にしてつながることがある。
空気の匂い、質感、いわゆる空気感?
瞬時にして、何十年もの時を遡って、その時の切なさや喜びを体感することがある。
思い出すというよりも、ありありと、感情が蘇り、それが「今」のことのようにリアルになる。

思い出そうとしても思い出せないことが増える中で、突然、スイッチが入ってしまう。
アネモネは私だけの思いで、アネモネを見たから蘇るわけでもないし、季節も全然関係ない。でも、時折やってきて、その思いとともに、子どもの頃住んでいた町の想い出を頭の中でたどってみる。

これから、キンモクセイの季節が来る。
キンモクセイの芳香は、祖母の庭を出現させ、かすみがかった向こうに祖母の姿をうっすらと連れてくる。
そしてまた、6年間、ともに学んだ私たち3人の共通の想い出も運んでくる。
体育祭があったね。
グランドに思いをめぐらせば、春の藤はきれいだったね。
でも、今、思うとちょっと距離があったよね。
当時はしんどいほどではなかったけど、今は歩きたくないね。

残暑は厳しいけれど、秋が来ると、3人のお茶会も思い出す。
とても楽しかった。
ハロウィーン。今年も楽しもうね。

真夜中のニャンコ先輩

2014/08/28 01:33

まおちゃんはホタテ味、チョー好き!

エミリー

2014/08/25 22:10

今日、病院の待合室で「リバティですね」と声をかけられた。病院なのでひそひそとリバティ談義。
リバティが大好きという女性は、「エミリーですね」と柄にも詳しい。
もう少しお話をしたくもあったが、待合室なので名残惜しくも途切れてしまった。短い時間だけれど、楽しかった。

Ringbinder theme by Themocracy