Category: ニッキアメ

かぜよけ黒ニッキ飴

黒ニッキ飴の定量は超えたのか、
とんと食指が動かず、
しばらく食べてなかったが、
ちょっと前に、セリアで久々に買ってみた。
何だか、小さくなっているような気がした。
もうちょっと小さかったらいいなあと思う大きさだったので、
一回り小さくなったように感じたけれど、
単なる気のせいかもしれない。
そして、その後ほどなく、
この飴をなめたせいではないが、
奥歯の神経を抜く羽目になったので、
またもや速攻、ニッキ断ちに入っている。
しかし、
ストレスの合間に断続的には舐めている。
そのあと、即、歯ブラシ、リステリンだけれど。
そんなにしてまで、
ニッキ飴がなめたいのかと聞かれると、
きっと、喫煙者と同じような思いだと思う。
今、
ニッキ飴の代替品として急浮上なのが、
ニッキ寒天。
結構ぴりっとくるのがあって、
甘さも控えめなので
カロリー的にもこれがいいのではと思う。
買いだめがきかないのが難。

ニッキ飴が食べたい。

My best ニッキアメ

リボンのニッキアメ
amazonで1箱買えます。
虫歯になりました。
そして、いまはまっているのが
これですが、職場近くのスーパーは、
ニッキアメが充実しています。

CGCはもちろん

ニッキ加減、結構いいです。
舐めていると、ニッキ匂ってます。
他もまあ、匂いますが。
回りにばれてます。
入江製菓のニッキアメもまずまずです。
私にはちょっとニッキ足りない感じですが。

ああ、
こんなに病的にニッキアメが好きなのに、
どうしてもやめないといけないなんて。





でも一番辛いニッキアメは、

手づくりのど飴 こども泣かせ飴(深辛ニッキ) です。
ニッキジャンキーにはたまらなく、美味しいです。
最近、ご無沙汰ですが。

新ニッキ飴王

最近お気に入りのニッキ飴は、
「想い出飴 ニッケ玉」
中原製菓株式会社

である。
飴そのものの甘さは好きな味だし、
たまに(2~3袋くらいに1回あるかないかだが)、
びっくりするほどニッキの辛いのが紛れ込んでいて、
それが楽しみでもある。

ニッキ抜き。

結局、
2年は続いた「ニッキ中毒」は、
肝臓がどうのうこうのよりも先に、
歯がぼろぼろになり、
その治療には多大な痛みと
多大な出費が伴い、
さすがに、これではだめだと、
ニッキアメをやめた。
やめたけれど、
ストレスコントロールという立場で考えれば、
食後歯磨き前の1個くらいならいいのではないかと、
先週から、
職場にニッキアメが復活してしまった。
しかし、
ストレスフルな職場なので、
1個が2個になり、
やがて、2個も3個も一緒よ!
ということにならなければいいが。
家では、
リステリンの刺激が微妙にニッキの刺激を
代替している。

ニッキアメ、我が人生。

私の「ニッキアメ選手権」第3位の
セリアで発見した、株式会社リボンのニッキアメが
近所のセリア店頭から消え、春日井のニッキアメに変わっていた。
もしかして、製造中止だろうかと、
株式会社リボンのHPをチェックすると、
以前は掲載されていなかったのに、
何と、新製品のコーナーに掲載されていた。
製造中止ではないことが分かり、一安心。

http://www.ribon-jp.com/candy/candy_de11-221-22/

今は
CGC(ショッパーズプライス)のニッキアメでしのいでいる。
いつの間にか、
黒糖味の「定量」が来てしまい、
黒糖ニッキがあまり美味しく感じられなくなった。
もち吉のニッキアメも試したが、
CGCのニッキアメの方がパンチがある感じ。
ダイソーで買った
大阪屋製菓のニッキアメもニッキは効いている。
でもベースの飴の味はざらついていて、
私としては今ひとつ。
でもまあ、
最近はニッキ寒天である。
毒々しいニッキ水色の寒天もあるけれど、
透き通ったニッキ寒天は見た目も涼やかで、
ぴりっと透明感があって、
食べるとちょっと幸せになる。
———–
リボンのニッキアメを買えるところはないか検索したら、
お菓子のスーパー「シープ」
が見つかった。

http://okashi-sheep.candypop.jp/36_224.html

1個あたり税込 84円
近所のセリアに復活してなくても、
いざとなれば、
ここで買える?
(送料:800円)
あ!
ちょっと割高だけど、
アマゾンにあった。
10袋(1380円)だけど、送料は無料。
買いたいなあ。
(100均だと1050円…)

ニッキ飴選手権。

この1年間で、
かなりの種類、かなりの量のニッキ飴を食べてきた。
食料品がある店では必ず、
飴のコーナーを探し、
眼を皿のようにしてニッキ飴を手に入れようとした。
今ではパッケージを見ると、
ああ、○○製菓か、これはいまいちと、
即座に判断できるようになった。
いなごのようにほとんど手に入る範囲では食べ尽くしたのでは、
そう思っていたそんな中、
新たにエントリーされたのが、
もち吉のニッキ飴(105円)である。
ニッキ飴選手権
第1位 深辛ニッキ こども泣かせ飴(飛騨の駄菓子 打保屋)
第1位 黒肉桂(桜間見屋)
第3位 セリアで発見、かぜよけ黒ニッキ飴(大一製菓株式会社)
第3位 セリアで発見、ニッキアメ(株式会社リボン)←なぜか、HPには掲載されていない。
第5位 もち吉のニッキ飴(105円)
とにかく辛いのは「深辛ニッキ こども泣かせ飴」
でも慣れてくると(辛さに麻痺?)アメがすごく甘いのが気になってくる。
その点、黒砂糖(そもそも黒砂糖が好きなのか)の甘さは素朴で好きなので、
黒肉桂は辛さと甘さのバランスがいい気がする。
でも、両方ともお取り寄せになるので、
問題は、すぐ手に入れて食べたい場合。
セリアで発見した2つのニッキ飴は、
結構辛くて、甘さとのバランスもOK。
おいしいです。
この2つと比べると圧倒的に少量だけど、
もち吉のニッキ飴も
辛さはそこそこだけど、
甘さがちょうどで美味しい。
いろんなニッキ飴を回りがびっくりするほど
食べ続けてきたけれど、
ニッキは辛い方が好きだけど、
結局はベースの飴が美味しくないと、
いくら辛くても今ひとつだし、
辛さがマイルドでも、
飴自体が美味しくてOKなものもあります。
この5つは
黒砂糖など風味の違いはあるけれど、
まずは飴自体が美味しいので、大好きです。
これからもまだまだ
開拓したいけれど、
とりあえず、定番5つが決まった(!)ので、
ニッキジャンキーとしてはほっとしています。

ニッキ・ジャンキー

ネットで『ニッキ飴サイト』を開けるほど、
あらゆるニッキ飴を短期間に食べ尽くした。
なめることが苦手なので、
日々というか、何秒刻み、という勢いで、
バリバリと噛み尽くした。
ネットで買えるニッキ飴はほぼ試した。
ダイソーなど百均でも、あるものすべて食べた。
その結果、
あまりにも短期間に大量のニッキ飴を毎日毎日食べていたので、
直後にあった人間ドックの血液検査で、
今までにない肝臓に異常値が出て(といっても、精密検査はいらない程度)、
お酒も飲まないし、思い当たることもないので
ケガで飲み続けている薬のせいでしょうかねえと、
「要観察」となった。
しばらくして、ふっと思い出した。
ニッキの過剰摂取は、肝臓によくないというネットで見た記事。
以来、多少は控えめになったが、
ニッキが切れてくると、ちょっと落ち着かない。
それで、ネットでニッキ飴を検索して、
ネットで買えないニッキ飴の画像を見つめ、
その辛さに思いを馳せ、
気を紛らわせている。
完全に中!毒!

Ringbinder theme by Themocracy